毛穴を傷つけてしまう埋没毛の除毛

埋没毛は20代の頃に気づいて、それからは気になって仕方ありません。

シェーバーでスネの除毛をしていると、ポツポツと黒い点のように残っているところがあります。

その部分を除毛しようとシェーバーを強く当ててしまうと肌をきずつけてしまい、痛い思いをします。

そのため、ピンセットで無理やり引き抜いていました。

埋没毛は毛の上に固い皮膚で蓋をされたようになっています。

皮膚で見えないならいいのですが、意外と目立ちます。

埋没毛を無理やり引き抜くと「こんなに長かったのか~」とくるまって埋まっていた毛に驚きます。

しかし、そのあとが大変です。

無理やり毛を抜こうとしたために、毛穴を傷めてしまい、赤くなったり、酷い時は腫れるときもあります。

「やらない方がよかった、、、」と後悔するものの、また埋没毛を見つけては同じような方法で抜いてしまいます。

抜くと赤く腫れてポツッと目立つし、抜かないと黒い点として残り、目立ってしまいます。

そのため、20代は足を出すことに自信を持てず、パンツスタイルばかりでした。

埋没毛はスネだけでなく、ワキも同じようになっています。

きれいに皮膚の中でじっとしていればよいのですが、皮膚のすぐ下まで生えてきて、触ると盛り上がっているので、どうしても抜きたくなります。

安全な除毛の仕方があれば、試してみたいです。

おすすめサイト:埋没毛治し方※脇や足、全身に使える自宅でケアできるジェル見つけたよ!