家具通販サイトを見るのも最近は好きです。

今購入を考えているのはHans j Wegnerの一人掛けのソファーです。

クッション部分は濃いめの少し色あせたブルーで、当時はもっと色鮮やかだっただろうなと彷彿とさせる座り心地の良さそうなソファーです。

2人掛けのソファーを既に持っているのですが夫が読書用に1脚追加をしたいなぁとおねだりを始めたので、購入を考えています。

他のデザイナーのビンテージ物でも良かったのですが、

やっぱりハンスさんの作品で統一させたいね!となりました。

私自身北欧家具のデザイン性は好きでも、デザイナーさんや商品についてそれほど知識がある方ではないので購入するときはほとんど見た目で決めてしまいます。

全部かっこいいですからね笑

購入したいと思っている北欧家具は他にもあって、知り合いのビンテージ家具屋から勧められた商品なのですが作者は不明で、チーク材でできたコーヒーテーブルです。

暖かみのある曲線を描いた少し小ぶりなコーヒーテーブルで、サイドテーブルとしても使えそうです。

その子(コーヒーテーブルのことです)が家のリビングに置いてある様子を想像すると

ついにやけてしまいます。

今まで何度も北欧ブームが起こり、メディアで取り上げられたりしましたが

ブームが去っても根強く残るということは、

日本人の感覚(センスや文化人間性など)と深くリンクするところがあるのでは?と感じます。

日本時は流行が好きです。しかも捨てるのも早い!笑

そんな日本人がこんなにも永く愛着を持てる北欧デザインって素晴らしいなと思います。

シンプルで過度な装飾もないですが、そこが人間の(特に日本人の)DNAをくすぐるのではないでしょうか?

あと最近は家具通販サイトを見るもの好きですね!

※参考に・・・http://xn--n8jat6a5ey78xu8ojm6gsqg.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です